山形でのゴミ問題全て解決します!

- 粗大ごみ回収と処分方法について

粗大ごみ回収と処分方法について

山形県の粗大ごみ回収、処分の方法について

山形県山形市の場合の粗大ごみ回収について、次のような流れで手続きをする必要がある。
先ず、「粗大ごみ収集受付センター」に事前に電話を掛ける必要があり、その際に、収集日と必要料金を確認するのだ。
粗大ごみの大きさや種類によって金額は変動し、所定の金額の「粗大ごみ用証紙」を市内の取り扱い販売店で購入する必要があるからだ。
購入後、粗大ごみ用証紙に、品目、氏名、住所を記入し、粗大ごみその物に貼り付けて収集日の指定時間内までに運び出すようにする。
この際には立ち会い等は不要で、時間までに所定の場所へ出せばそれで済むのだ。
粗大ごみの大きさは、山形市では一辺の長さが1m以上、1.8m未満、重さが80kg以上の物を粗大ごみと定めており、かなり大きな粗大ごみと言う印象を受ける。
また、一度の申し込みで最大で3個まで収集してもらう事が出来、引越し等の際には便利に活用する事が出来ると言える。
粗大ごみの他に廃品回収については市に問い合わせる必要がある。

粗大ごみの回収・処分料金について

収集依頼をする場合には、500円から2000円程度までの大きさによる料金の違いがあり、これは申し込み時に料金を確認し、それに合った証紙を購入する必要が出てくるのである。
購入の際には金額を間違えないよう注意が必要である。

粗大ごみを持ち込む場合とその処分施設


粗大ごみを所定の処分施設へ持ち込む時には、20kgごとに200円、水銀含有ゴミはプラス50円、動物の死体は1体2000円からとなっている。
動物の死体も粗大ごみとして処分してくれるのは珍しいケースで、持ち込みの場合のみの対応となっているのである。
処分施設については、粗大ごみ受付センター、立谷川清掃工場、半郷清掃工場、上野最終処分場、立谷川リサイクルセンター、等があり、前述した通り収集を依頼する場合には、粗大ごみ受付センター、その他持ち込む場合には後者の全ての処分施設にそれぞれの種類別に持ち込む事になるのである。
全ての施設で、Faxや電子メールでの受付は行っていない為、必ず電話での事前問い合わせが必要になるのである。
山形県山形市では、粗大ごみとして動物の死体も処分してくれる点が特徴的だ。
また、処分施設も種類別に多数ある事から、ごみ処理については細かく分類されて処理される事が良く分かると言える。
必要料金については若干高めな印象を受けるが、細かく分類して処分する事を考えると無難な金額だと言えるものがあると言える。
細かい分類だけに、このような料金が掛かる事は致し方ないと言える。

更新情報

小野 大輔

名前☆小野 大輔
好きな山形名物☆山形芋煮カレーうどん
HP☆山形でのゴミ問題全て解決します!

もったいないねット山形

http://www.mottainai-yamagata.net/